作者別: admin

美味しい食事の付いた施設を選ぼう

最低2週間は自宅を離れて、隔離された状態に置かれて、朝から晩まで運転技術の取得に専念するのが合宿免許システムです。都心部の通学方式の自動車学校に比べてはるかに短い時間で運転免許を取得できるのも、集中して一つのことを追いかけるからこそでありますから息抜きも当然必要になります。ずっと緊張を維持しておくことは大変困難なので、様々なリラックス方法が施設側からも提案されますが、上手に使って気分転換するのが良いでしょう。

また食事は一日の生活のリズムを作り出すので、しっかり食べたいものですし、美味しいものを食べたいものです。昔はどこの合宿免許施設でも通り一遍の食事しか出てこず、またそれで良しとされていました。しかしながら、最近は他所との差別化を推進する意味で、ホテル並みの食事の提供を行うところとか、専用の特別レストランを設置している合宿免許施設が目立つようになってきました。

参照資料→合宿免許.com|最低価格保証で安心!全国の合宿免許情報を掲載!
└食事が美味しい合宿免許施設を掲載しているサイトです。

美味しい食事だと運転免許取得が早くなるわけではないのですが、施設で知り合いになった知人とのくつろぎの時間に広がりが出るようになります。
その為、長い講習機関の間に一度か二度あるスランプの時も、大きく落ち込んでも、美味しい食事を取りながら、友達と語り合うことで、足踏み状態になるのではなくて軽やかに立ち直ることが出来るのです。費用的には、普通食の提供だけの施設よりも少し割高になりますがそれ以上の効果が期待できるので、お勧めではあります。

1日3食付き?

運転免許を合宿して取得するのは、大変な労力がかかるものです。都心部の通学方式の自動車学校では時間がかかる分、ゆっくりと覚えていく事柄をぎゅっと集中して学ぶことになります。それゆえ、講習自体は真剣度が高く、その疲れをいやすようなものがそろっているわけでもないので、合宿生活の食事はとっても重要な意味を持っています。しっかりと栄養を取ることが大切になりますし、教習所の仲間と語らいで英気を養うことが大切になるのです。だから、食事はきちんきちんと取ることが必要になります。

昔は、合宿施設免許によっては、食事のないところとか、あってもインスタント食品を平然と食事として出すところがありました。現在は、合宿施設免許は競争の時代に突入しているので、少しでも他の施設と異なるところを出すことに懸命になっています。地元の有名な寺院巡りを講習の真ん中に挟んだり、アミューズメントパーク訪問日を設けて無料チケットを配布したりして差別化をすすめています。

そうした差別化メニュ-の一つに食事のことが挙げられます。食事を取る場所の豪華さとか、食事内容の素晴らしさを強調することが良く行われています。だから一日3食付きの宿泊合宿というのは当たり前のことになりつつあります。むしろその当たり前のことでいかに、他の施設と異なっているかを演出することに各施設は必死になっています。

食事無しの場合も

合宿免許の素晴らしさは色々とありますが、一番のメリットは都心部の通学形式の自動車学校ならば2ケ月近くかかった免許取得が2週間で終わるということです。つまり、本当にすぐに資格が欲しい人には非常に役に立つシステムなのです。そしてその次にメリットとして挙げられるのは、費用が非常に安くあげられるということになるのです。

卒業までの教習費用に「宿泊費」+「食費」+「交通費」がセットになっての30万円以下というのは驚異的ではあります。ただ学生さんとかで、あまり資金的に余裕がなく、有り金ぎりぎりで申し込んで来た人たちの場合、本当にきつい合宿生活をしなければならないので、少しでも費用を圧縮するために食事なしのコースをあえて設定している合宿免許施設があります。その場合、宿舎自体も一般のコースよりも質素になり、食事自体は自炊するような形を取ることが多いです。

合宿免許システムが始まったころには、宿舎も地味で食事も自炊というようなところが多かったですが、最近建てられた合宿免許施設では、そのタイプのところはめっきりと減っています。逆に、施設自体は豪華になる方向に向かっていて、用意された食事は不要で、好きなものを食べたいので外食するという人が出た場合に備えて、食事なしのコースを設けているところはちらほら見かけます。ただ合宿免許施設は各地区の田舎に当たるところにあることが多いので、外食するにしても結構手間ではあります。

合宿免許施設での食生活

合宿免許とは、短い期間に連日、長時間の教習を受けながら集中して卒業を目指す宿泊型のシステムです。通学する自動車教習所に比べて、効率よく教習を受けることができるので、短期間で教習所卒業を目指す方には最適の方法と断言できるでしょう。卒業までの教習費用に、宿泊費と食費、さらには交通費がセットになった格安料金で、20万円から30万円の幅の中に収まります。その間、地方に行くわけですから、合宿免許ならではの楽しい思い出が作ることが可能です。その地方ならではの観光やイベントなど様々な特典を準備している教習所が沢山あります。

そして友達が出来ます。運転免許を取得するという同じ目標を持って集まっているので、すぐに親しくなるのも合宿免許の魅力のひとつであります。そうなると、約2週間の合宿生活、毎日の食事がどんな風になるのかが、気になる方も多いはずです。講習自体は基本的に日本中どこの合宿免許施設に行っても、中身は同じです。しかし、それ以外のところは全く異なります。宿泊場所、食事はそれぞれ特長が現れる形になっています。

例えば、 「バイキング形式で、多くの量を食べられる」「ご当地グルメを味わえる」 「特別のスイーツが楽しめる」等の特色を前面に出している合宿免許施設が沢山あります。しっかりと時間をかけて下調べすることで、食事なし、三食付き、豪華ディナー、特別スイーツ等の特記を確認することが出来ます。そして、それによってどこの合宿免許施設にするかを決めるのも、本当は上手なやり方と言えるでしょう。